化合物薄膜太陽電池の高性能化に向けた結晶格子欠陥の制御技術の開発

上川 由紀子
(国立研究開発法人産業技術総合研究所 太陽光発電研究センター 研究員)

2016年12月19日月曜日

スマートシティ見学

先日、神奈川県 藤沢市にあるスマートシティを見学して参りました。
http://fujisawasst.com/JP/

CO2の排出量70%削減、生活用水30%削減、再生可能エネルギー30%以上
ライフライン確保3日間等の目標を掲げて街づくりをしている。

各住宅が太陽電池とエネファーム、蓄電池を備えている。
コンセプトを見ると面白いが
http://fujisawasst.com/JP/pdf/FSST-ConceptBook.pdf

街づくりに工夫が凝らされている。

街の中心には、住人が集まるスクエアと呼ばれる活動拠点がある。
街づくり、そのデザインと併せてエネルギーがあり
エネルギ-は創エネ、蓄エネ、省エネが組み合わされている。
太陽電池は街づくりの中のほんの一部品で、街に馴染んでいた。

これが、本来太陽電池のあるべき姿の一つ。





2016年9月24日土曜日

応用物理学会秋季学術講演会に参加して参りました。

先日は、新潟の朱鷺メッセで行われた
応用物理学会秋季学術講演会に参加して参りました。

http://meeting.jsap.or.jp/

多元系化合物の機能性評価技術の新展開のシンポジウムや
http://meeting.jsap.or.jp/file/symposium_multinary_compounds.pdf?20160722

化合物薄膜太陽電池のセッションに参加してきました。
大学さんでは新しい材料に取り組んでいたりと、興味深く聞かせて頂きました。


2016年7月23日土曜日

産総研一般公開でサイエンストークを行いました

本日は、産総研の一般公開
「未来を照らす太陽電池研究」と題して
サイエンストークを行いました。

高校生を中心に、計30名ほどの方が参加してくれました。
有難うございます!

現在のエネルギー源はどこから来ているのか?
何が問題なのか?

また、太陽電池の原理から、セルの種類、システム、
また街づくりの中の太陽電池といった視点で
お話させて頂きました。

白色光を回折格子を使って分光したり、
視覚的に分かると、おお!と楽しそうな表情を見せてくれる
参加者さん達、
とても有意義な時間を過ごさせて頂きました。

ご参加頂いた方々、
ご協力頂いた方々に感謝いたします。



2016年6月29日水曜日

産総研一般公開が7/23(土)に開催されます。

産総研一般公開が7/23(土)に開催されます。
http://www.aist.go.jp/tsukuba/ja/pr/2016/events_04/index.html

出て触って体験できるコーナのご用意もあります。
是非、ご参加ください。

また、サイエンストークにて、太陽電池について
私から簡単なお話をさせて頂く予定です。

2016年5月26日木曜日

「次世代の太陽光発電システム」シンポジウムに参加してきました。


先週、太陽電池の国内シンポジウムに参加して来ました。
日本学術振興会 産学協力研究員会 次世代の太陽光発電システム 第175委員会開催の
第13回 「次世代の太陽光発電システム」シンポジウム
(http://www.gakushin175.org/index.html)

シンポジウム中では、NEDOのプロジェクトの一環で、シャープ(株)が達成した、
太陽電池モジュールとして世界最高の変換効率31.17%
(化合物3接合型太陽電池)のご報告がありました。
(http://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_100571.html)

モジュールというのは、封止や、フレームのついた、
製品レベルのデバイス構造という意味ですが、
この構造で31.17%というのは世界最高です。

参考までに、太陽電池の変換効率(研究室レベルの太陽電池セル)の推移は
アメリカのNational Renewable Energy Laboratory (NREL) から出ている
変換効率チャートを参照すると、分かりやすいです。
(http://www.nrel.gov/ncpv/images/efficiency_chart.jpg)

2016年4月30日土曜日

はじめまして

はじめまして、本年度、国際科学技術財団の研究助成に採択されました、産総研の上川由紀子と申します。
改めて、審査員の先生方や財団の関係者の皆様に感謝申し上げます。

先日は研究助成贈呈式に出席致しました。
その後の懇談会では、審査委員の先生方とお話しできる
貴重な機会に恵まれました。

自分の手がけている研究のみならず、より広い視野、
長期的な視野で社会を俯瞰する大切さ等、気付きのあった貴重な一日でした。
有難うございました。

さて、この度、当財団のサイトにて研究ブログを開設することとなりました。
どんなことを書いていいものか、模索しながらですが、一年間どうぞよろしくお願いいたします。

まず、近日のご報告として、
2016年3月に応用物理学会にて女性研究者研究業績賞(小舘賞)を受賞致しました。
https://www.jsap.or.jp/activities/award/researchfield/female/prizewinner2015.pdf

本当に価値を社会に還元できてこその、研究です。
気を引き締め、今年一年精進して参ります。